一期一会  古美術ささき ブログ

古美術ささきのブログです。(代沢本店・銀座店)

代沢本店:03-3411-4990
銀座店:03-5524-3324

http://www.kobijutsu.ne.jp/
<< 山里会茶会 5月13日 | main | 小堀遠州流 遠州忌茶会 平成29年5月28日 於 護国寺茶寮 >>
平成29年 5月 NHK 町田カルチャー教室
5月ですが初夏のような陽気です。

今月の1点目です。
天啓赤絵鉢です。
 

当店のHPに出ている品と同じ時代で同じ大きさです。
文様もほとんど同じです。
ニュウがあるのが残念ですが問題なくご使用できます。
窯や時代を説明しました。

もう1点は李朝の鉢です。箱書きに銘「不二」と書いてあります。
 

伏せて見た形が富士山に見えるからでしょうね。
時代は李朝の末期と思いますが大きさもあり存在感があります。

2点目です。
古伊万里の皿です。
 

 
お持ちになられた方の友人がどこかのホテルで数千円でお求めになられた皿だそうです。
文様が良いですね。花唐草に矢羽、松竹です。
買われたところを教えて頂き私も仕入れに行きたいですね。
時代もありキズもなく良い買い物です。

3点目です。
棗です。
 

棗です。重治と箱書きにある青貝入りの蒔絵の棗です。
作者は不詳ですが手が込んだ良い蒔絵です。
青貝も夜光貝等の細かい断片を丁寧に並べてあります。
木製の鉢は中に沈金が施された品で輪島で近年に製作した品と思われます。
近年この手の器は家庭から急速に需要がなくなっております。残念ですね。

4点目です。
竹泉の青華霊芝蘭図茶碗です。
 

10客入りですが1客だけお持ちになりました。
煎茶では一番使用されている作家です。
他は備前と織部です。

5点目です。
柿右衛門の色絵草花文輪花皿です。
 

もう1点は初期伊万里の角皿で半円の文様が斬新ですね。

 

 

 
盛期に東インド会社により輸出された品で裏にアウグスト王の印章が刻まれております。
ドイツ、シャインガー宮殿のあったと説明書にございます。
はるばる海を渡り、宮殿で使用されヒットラーにより競売に掛けられ近年また日本に里帰りした品です。
その長い旅路に拍手送りたいですね。
良い品で美しい濁手ですね。

6点目です。
砂張銅 柑子口花器 浄益作です。
 

30僂鯆兇┐襪鵑巴秬覆砲呂△泙蠍きませんが大広間や寺院には良いですね。
砂張銅と書いてある箱書きには疑問がございますが格もあり大きさもありますので
牡丹等を活けるのによろしいですね。
柑子口の説明をしました。

今月の私の1品はドームナンシーのピンクの碗です。
アールヌーボー時代の作で色が可愛い碗です。
私も初めて扱う色です。
今月も鑑定品多数有難うございました。
来月もまた鑑定品お待ちいたしております。

当カルチャーは原則、毎月第4水曜日10時15分から11時45分にNHK町田教室で開講しております。
品物を持ち寄り、お互いに鑑定しあいながら骨董品の見る目を養います。
みなさまで楽しみながら知識を深め、趣味をより充実させ、広げるのに役立ちます。
鑑定品が無くても大歓迎ですのでどうぞお出かけください。いつからでもご入会できます。
受講のお申し込みは NHK文化センター 町田教室まで】

 東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8階 
TEL : 042-726-0112

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_416464.html 
 
古美術ささき 佐々木 一
| 古美術ささき | カルチャー教室 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://sasakiart.jugem.jp/trackback/270
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE