一期一会  古美術ささき ブログ

古美術ささきのブログです。(代沢本店・銀座店)

代沢本店:03-3411-4990
銀座店:03-5524-3324

http://www.kobijutsu.ne.jp/
<< 古美術ささき主催 カルチャー教室 2017年5月 | main | 平成29年 5月 NHK 町田カルチャー教室 >>
山里会茶会 5月13日

5月13日 家元(小堀遠州流 小堀宗圓)が茶道会館での山里会に掛釜いたしましたので本日は手伝いです。


朝8時30分が第一席で3時過ぎまで9席です。二間続きの部屋で濃茶です。

 


 


 
前日の30度近い暑さと打って変わって気温20度ほどで雨が降る肌寒い日です。
寄付きの床は 12代宗舟筆 書捨の文です。遠州流茶道の道の文です。

本席の床は狩野探幽筆の三吸の図です。
これは酢の入った甕を三人の聖人が囲んで酢を舐めている図です。

誰が舐めても酢は酢だということです。真理は一つということでしょうか。
箱書きが清水道閑で遠州物数寄表具と書いてあります。
遠州好みの表具ということです。

大阪の田村家旧蔵です。
花は大山蓮華と京鹿子で遠州作 竹一重切で銘が「山彦」権十郎篷雪箱書
香合は大振りの具利(ぐり)で堆朱の層がきれいに出ております。

釜は古浄味、風炉は伊予芦屋で象の鐶付です。
水指は御深井焼(おふけ)で縄手菱形、御深井焼は尾張徳川家のお庭焼きです。
棚は風炉用の遠州好仕掛け棚、桑木地です。

茶入は古瀬戸茄子 銘「よぶこ鳥」です。
よぶこ鳥は郭公(カッコウ)のことです。
茶杓は四代宗舟政孝作、共筒で銘が「さかひ」です。篷露公の箱書きです。

茶碗は高麗で堅手に近い茶碗です。銘が「藤波」 宗通箱
建水は棒の先
蓋置は青磁、無閑人 これは一閑人の蓋置の唐子がいない(無人)タイプとなります。

お茶は「蓬莱」で名古屋松尾園詰(家元で何十年もご使用です) 
お菓子は一幸庵で「苔清水」です。ふあふあの羽二重地に粒あんが入っており、上に清流を表した寒天が載せてあります。
器は古染付の二段重で吉祥文が描かれております。
| 古美術ささき | お茶会 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://sasakiart.jugem.jp/trackback/269
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE