一期一会  古美術ささき ブログ

古美術ささきのブログです。(代沢本店・銀座店)

代沢本店:03-3411-4990
銀座店:03-5524-3324

http://www.kobijutsu.ne.jp/
<< 平成29年1月15日 小堀遠州流初釜 | main | 古美術 ささき 主催 カルチャー教室 >>
平成29年 1月 NHK 町田カルチャー教室
寒波到来で最低気温が氷点下の日が続いております。
今年初めてのNHK町田カルチャー教室です。どうぞよろしくお願いいたします。

今月の1点目です。

箱書に「古染付 六角扁壷 康熙年製」と書いてある壷です。

 


まず古染付は明末から清初にかけて民窯で製作された染付です。
康熙年製は清朝の官窯の銘ですので箱書きが合いません。
造りを見ますと製作上の約束事が入っておりません。
染付の呉須も上等ではございません。
色々な点から見まして近代の写しものと思われます。
本物であれば 家1軒は建てられますね。残念です。

2点目です。

李朝の小壷です。

 


 

元々調味料入れでかつて視聴率の高かった「チャングムの誓い」の撮影シーンでも良く出ておりました。
現在では蓋を付け仕服を製作して茶入れとして使用している方もおります。
染付の描き方も1点目の中国の壷と違い比較検討が出来ます。

3点目です。


 


備前 火襷焼 茶碗 友敬 と箱書きに書いてあります。
火襷(ひだすき)の製作過程と友敬の説明をしました。
備前の窯の特徴もお話ししました。

4点目です。

通花筒 尚古斎造と書 いてあります花入れです。

 
 
   花を活けやすい形ですね。
   尚古斎の説明と花篭の現在の相場等を話しました。
   保存は籠は問題ありませんが竹筒は乾燥に大変弱く
  
   当店でも時たま「パーン」と割れる音がします。
   思わず「ドキ!」とする次第です。
   セントラルヒーティングのマンションは特に割れる
   運命です。
 
  
  
















 


 
今月の私の1品は「落田洋子」の油彩画です。
一度見ると印象が強い作家です。
寡作で市場に出る画も殆どない作家です。
村上春樹の装丁も手掛けております。

来月もまた鑑定品お願いします。
当カルチャーは原則、毎月第4水曜日10時15分から11時45分に
NHK町田教室で開講しております。

 
品物を持ち寄り、お互いに鑑定しあいながら骨董品の見る目を養います。
みなさまで楽しみながら知識を深め、趣味をより充実させ、広げるのに役立ちます。
鑑定品が無くても大歓迎ですのでどうぞお出かけください。
いつからでもご入会できます。

 
【受講のお申し込みは NHK文化センター 町田教室まで】
東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8階 
TEL : 042-726-0112
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_416464.html 
 
古美術ささき 


 

| 古美術ささき | カルチャー教室 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://sasakiart.jugem.jp/trackback/258
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE