一期一会  古美術ささき ブログ

古美術ささきのブログです。(代沢本店・銀座店)

代沢本店:03-3411-4990
銀座店:03-5524-3324

http://www.kobijutsu.ne.jp/
開店御礼
6月22日(月) 11時 お陰様をもちまして新本店が開店いたしました。


 

梅雨の中天候にも恵まれ、また多くの花、お祝いを頂き感謝です。!
開店早々家元ご夫妻(小堀遠州流 十六代 小堀宗圓宗匠)が
御来籠下さり茶室「露草庵」にてお茶を差し上げることができました。



 
この茶室にも先代家元と現家元ともに何度か伺ったことがありそのことを思い浮かべておりました。





 
開店のお花も旧本店が開店した三十年以上前にも頂き、銀座店、新本店とお送りいただき感謝に堪えません。
またご来店いただきました多くの方に茶室にてお茶を差し上げることができました。

木曜日ま では私も詰めて呈茶をいたしておりますのでお出かけいただければ幸いです。
| 古美術ささき | ご案内 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
展覧会

「中村錦平 東京焼小品 売りつくし」展のお知らせ

 
  6月10日より14日まで青山の
  スパイラルガーデン(スパイラル1F)にて

  中村錦平先生の展覧会が開催されます。
  
  今回は遊び心の小品100点あまりが
  出品されます。
  
  価格を抑えての蔵さらいとの事です。
  楽しみですね!
  
  時間のある方は寄ってみてください。

























 
| 古美術ささき | ご案内 | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本店 北沢へ移転 茶室移築工事
昨年平成26年12月に契約いたしました北沢の新店舗の工事が3月より始まりました。
場所は世田谷区北沢3−2−11 レガーロ東北沢で小田急線東北沢駅より3分、代々木上原から8分の所です。
すぐ先の交差点は井の頭通りの大山町です。

新店舗に茶室を移築中です。


この茶室は門下の要望により先代小堀宗通家元が家元になられてから昭和30年代に最初に設計し銘木も探し建てた四畳半台目席です。
貴人口が付き、書院が備わっております。
14年ほど前に解体し長らく保管しておりました。
また元通りに復元する予定でしたが何分私の力では土地を求め建てることは大変な事ですので断念しておりましたが今回新店舗の中に移すことになりました。
何分大きさの問題もあり一部変更となりましたが殆どの材を使用しての作業です。

今後時々進捗状況をアップしていきたいと思います。


 



(4月現在)

因みに茶室の名前は「露草庵」です。梅雨の頃にはお披露目できることと思います。
古材を一旦組み立てての状況確認です。
使用できる材料かどうか、どの材料が足りないか等見極めます。
床の間の位置を変更したために本来の床柱が臍(ほぞ)穴やその他の関係で本来の位置ではなくなりましたがこれも変更が解るようにとの意味もございます。
この床柱は赤松です。この茶室を建てた時代は張材や集成材がないために本物の皮付き赤松です。
赤松は真っ直ぐな材はなかなかなく貴重です。
ちなみに現代の皮付き赤松は杉の丸太に赤松の皮を巻いたものです。
| 古美術ささき | ご案内 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドラマ 「俺のダンディズム」
先週から始まった「俺のダンディズム」・テレビ東京 毎週水曜日深夜放送 
第2話は通常の放送時間より30分遅い、4月23日深夜0時28分スタートです。

先月代沢店で撮影協力致しました。
主役が万年筆を買うために切手とコインを売りに来る設定だそうです。
私も小、中学と切手、古銭を初め根付、印篭、焼物と色々な品(がらくた)を収集しておりました。
この物語と同じように私も独立したての時期に糊口をしのぐために手放しました時の事が
昨日(ウン十年前です。)のように思い浮かびました。
1話を見ましたが腕時計編でレクチャー多く業者でも十分楽しめました。
2話は万年筆だそうです。撮影には閉店後3時間掛りましたがオンエアはあっという間かもしれません。
どのような万年筆が出るか楽しみですね。
物語の主人公も色々なアイテムを手に入れダンディになって行くのでしょうね!
| 古美術ささき | ご案内 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンテナショップ

福井のアンテナショップ「食の国 福井館」が銀座店の近くに先月オープンいたしました。

 

今までは南青山だけでした。

 

早速あれやこれやと買い求めております。

 

本日は板わかめ(パリパリしていますのでそのまま食べても美味しくご飯を載せて食べても美味しい!おにぎりに巻くこともあります。)





丸干しイカ(軽くあぶって割いて、お酒に最高!)

 

げんげの干物(これも軽くあぶって頭から食べれます。プルプルの食感と脂の乗りが程よく朝ごはんに最高!)

げんげとはげんぎょ、げんげ、どぎ、みずうお等の呼び名があり深海にすみ蟹と一緒に底引き網で獲れます。福井では吸い物の具材にしたりてんぷらにしたりと冬の食べ物です。殆どゼラチン質で覆われておりお吸い物ではずるずると啜れば食べられる不思議な魚です。私も小さいこれより食べておりました。





若狭の笹かれい(これも軽くあぶって食べますが身が締まって甘みがあり何枚でも食べれるおいしいかれいです。形が笹の葉に似ていることから付いた名で近年漁獲量が少なくなり高級魚になってしまいました。)

 

気が付けば海産物ばっかりですね。

実家は福井市内ですが母親の実家が越前海岸で親戚が旅館や水産加工、網元となどしておりました関係で福井の市場に行く途中に魚を置いて行ってくれました。いつも新鮮な魚に恵まれました。

 

また買ってきたらご紹介いたします。

 

あ!お腹が鳴ってます。

 

| 古美術ささき | ご案内 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フジテレビ 「笑ってもいいとも!」
 

「笑っていいとも火曜日」

 

6月26日12時よりの「笑っていいとも火曜日」に当店の商品を提供いたしました。

 

品物は5点です。

「古瀬戸百合口瓶」 1位 (400万円)


まず最初の花瓶は、百合口花瓶です。

鎌倉時代に作られ、瀬戸で発掘されました。

口の部分が、百合の花の形になっているのが特徴で、

お供えに使う花瓶として使われていたと言われています。

 

「備前蕪舟徳利」 2位 (200万円)

桃山時代に作られた備前焼の作品です。

舟で使用されるために製作された、野菜のカブの様に

底が大きく、安定した形が特徴。

もともとは徳利ですが、明治時代以降、鑑賞用や花瓶として使用されていました。

 

「14代酒井田柿右衛門濁手花瓶」 3位 (100万円)

(

濁手(にごしで)白磁の陶器とは違う、濁った白色を出せるのは柿右衛門だけと言われています。

描かれている絵は、烏瓜の絵です。

初代 酒井田柿右衛門は17世紀前半に活躍されました。

人間国宝とは、日本の文化財保護法に基づき同国の文部科学大臣が指定した
重要無形文化財の保持者として認定された人物を指す通称
 

 

「藤田喬平、朱金彩花瓶」 4位 (40万円)

花瓶の朱色は赤い顔料を内側に塗って色付けされています。

金箔を貼った後にガラスを膨らませることで、独特な模様を作っています。

藤田喬平は文化勲章を受賞した世界的なガラス作家文化勲章は
科学技術や芸術などの文化の発展や向上に
めざましい功績のある者に授与される日本の勲章

 

「イラン出土彩文花瓶」 5位 (15万円)

最後の花瓶は、彩文花瓶です

2000年以上も前の紀元前後に作られたと思われる

イランで発掘された土器の花瓶です。

メソポタミア文明の土器の特色である、

朱色で付けられた、さいの目の模様が特徴の作品です。

 

 

| 古美術ささき | ご案内 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
書道教室開講いたします。
 

2月より銀座店にて書道教室を開講いたしました。

 

月2回で火曜日の午後7時より8時30分頃までです。

講師は日本書鏡院理事の長谷川耕史先生をお招きいたしております


39歳で歌う書道家としてCDも出しており将来が楽しみな先生です

親切、丁寧にお教えいたします。詳細はお問い合わせください

  曲名 <幸せ運んで目黒線>


2011年(平成23年)1月5日(水曜日) 読売新聞

| 古美術ささき | ご案内 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本書鏡院選抜展
 
4月27日より5月2日まで銀座鳩居堂画廊(3F・4F)にて

「日本書鏡院選抜展」が開催されます。   今年で27回を重ねます。

会長の長谷川耕生先生は当店の「古美術ささき」の文字を30年ほど前に
揮毫していただきました。

私の書道の先生でもあり、また親戚でもあります。(いつもお世話になりっぱなしです)

ゴールデンウイークに銀座にお出かけの時はぜひご覧ください。
書体、書法も色々ですのできっと心に響く作品があることと思います。




ちなみに「ささき」の銀座店はカレンダー通り、日、祭日以外は営業いたしております。
お茶でも召しあがりにお出かけください。
 
| 古美術ささき | ご案内 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「骨董オークション遊泳術」

週刊新潮11月19日号(11月12日発売)

贋作からお宝まで「骨董オークション遊泳術」というタイトルにて4ページ寄稿させていただきました。

昨今あまりにも贋作が出回り目につくようになりました。
2007年にはヤフーの主催にて六本木ヒルズで
「お宝鑑定大会 in 六本木ヒルズ」
を催しましたところやはり贋作が数多く見受けられましたし、当店に問い合わせの品にも多々見受けられます。

特にネットオークションは……。

このようなことを踏まえて記事にいたしました。

美術品もご多分にもれずデノミと景気悪化でじりじりと値を下げております。
良いものを安く買える時代になりつつあります。安い!と思って贋作を買わなくても良品が安く買える時代ですので、眼を養い、良いお店を選び、お求めになられて方が先々宜しいかと思います。


| 古美術ささき | ご案内 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋 東美アートフェア お知らせ

   古美術・茶道具・工芸 展

会場/東京美術倶楽部                   
主催/東京美術商協同組合
会期/2009年  10月16日(金) 10時〜7時
           10月17日(土) 10時〜6時
           10月18日(日) 10時〜5時
入場券/一般 1000円  中・高・大学生 800円
(なお、ご招待券差し上げておりますので、お問い合わせください。)

  当店、古美術ささきは111ブースです。


| 古美術ささき | ご案内 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE