一期一会  古美術ささき ブログ

古美術ささきのブログです。(代沢本店・銀座店)

代沢本店:03-3411-4990
銀座店:03-5524-3324

http://www.kobijutsu.ne.jp/
山里会茶会 5月13日

5月13日 家元(小堀遠州流 小堀宗圓)が茶道会館での山里会に掛釜いたしましたので本日は手伝いです。


朝8時30分が第一席で3時過ぎまで9席です。二間続きの部屋で濃茶です。

 


 


 
前日の30度近い暑さと打って変わって気温20度ほどで雨が降る肌寒い日です。
寄付きの床は 12代宗舟筆 書捨の文です。遠州流茶道の道の文です。

本席の床は狩野探幽筆の三吸の図です。
これは酢の入った甕を三人の聖人が囲んで酢を舐めている図です。

誰が舐めても酢は酢だということです。真理は一つということでしょうか。
箱書きが清水道閑で遠州物数寄表具と書いてあります。
遠州好みの表具ということです。

大阪の田村家旧蔵です。
花は大山蓮華と京鹿子で遠州作 竹一重切で銘が「山彦」権十郎篷雪箱書
香合は大振りの具利(ぐり)で堆朱の層がきれいに出ております。

釜は古浄味、風炉は伊予芦屋で象の鐶付です。
水指は御深井焼(おふけ)で縄手菱形、御深井焼は尾張徳川家のお庭焼きです。
棚は風炉用の遠州好仕掛け棚、桑木地です。

茶入は古瀬戸茄子 銘「よぶこ鳥」です。
よぶこ鳥は郭公(カッコウ)のことです。
茶杓は四代宗舟政孝作、共筒で銘が「さかひ」です。篷露公の箱書きです。

茶碗は高麗で堅手に近い茶碗です。銘が「藤波」 宗通箱
建水は棒の先
蓋置は青磁、無閑人 これは一閑人の蓋置の唐子がいない(無人)タイプとなります。

お茶は「蓬莱」で名古屋松尾園詰(家元で何十年もご使用です) 
お菓子は一幸庵で「苔清水」です。ふあふあの羽二重地に粒あんが入っており、上に清流を表した寒天が載せてあります。
器は古染付の二段重で吉祥文が描かれております。
| 古美術ささき | お茶会 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古美術ささき主催 カルチャー教室 2017年5月
今月は有吉先生宅での特別出張カルチャーです。

先ずはマンションの集会場を借りての講義です。
端午の節句に因んだ展示です。

菖蒲の和歌、兜を画いた短冊8種類 田植えの儀式を画いた絵図
定家十二か月「懸物図譜」十二ヵ月の薬玉が一か月づつ極彩色で描かれております。

寺に入った貴族の皇女による和歌と花の絵の色紙が四種類
菖蒲にまつわる浮世絵が三種類です。

この後場所を先生の研究室に移しての展示です。
芹沢げ陲僚藉のカレン ダー、昭和21年製と5月だけを10数点ピックアップしての展示です。

後は兜と菖蒲の掛軸数点です。
特別に出していただいた小堀権十郎の漢詩と和歌の軸も鑑賞です。

先生に入れていただいた新茶をいただき解散です。
ごちそうさまでした。

当店主催のカルチャーは1,8月を除く第二水曜日の1時15分より4時15分までです。
受講ご希望の方は当店までメール、電話にてご連絡いただければ幸いです 。

TEL:03-5524-3324 銀座店 
  http://www.kobijutsu.ne.jp/school_culture.php
                     古美術ささき http://www.kobijutsu.ne.jp/ メール info@kobijutsu.ne.jp
| 古美術ささき | カルチャー教室 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ニセアカシア 多摩川
毎年5月が訪れると多摩川から甘い香りが漂ってきます。
 
   多摩川の狛江の河川敷には100本以上のニセアカシアの
   樹が一斉に花開きます。
   ニセアカシアは、日本在来種ではなく、北米原産で
   明治8年頃渡来したものです。
   蜂蜜が採取できることで有名ですが狛江にも1件ミツバチ採取を
   している農家があり花の終わるころには販売されます。
   アカシア蜜蜂のほとんどがこのニセアカシアです。
   花は天ぷらで食用にもなっております。
   樹皮や葉は利尿、小さな傷の止血に良いそうです。








 



花の下にはクローバーも美しく咲いております。
 



 
しば らくは犬の散歩の折に香りを楽しめそうです。
| 古美術ささき | - | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年 4月 NHK 町田カルチャー教室
百花繚乱で薫風の頃です。すっかり初夏の装いでね!。

今月の1点目です。

 

上品な盆です。
煎茶に使用する盆で唐木でできております。
彫が丁寧で柔らかさを感じます。

この手の盆はほとんどが紫檀と表記されておりますが本紫檀はほとんど無く大概が花梨です。
本紫檀は大変高額で貴重な材ですので中国からの引き合いが多い商品です。
価格も花梨の100倍はします。
見分け方をお話ししましたが実際に何度も何度も見て特徴を覚えないと難しいかと思います。

2点目です。

 
 
木彫の鴨と輪華型の小品です。
木彫の鴨は韓国の婚礼の儀式に贈られる品でお目出度い品です。
この鴨は側面に彫が入っている珍しい品ですが時代があるか無いかは意見の分かれるところです。

木彫鴨の説明をしました。
もう1点は素焼きの輪華型の小さな器です。
猿投と言われてお求めになられたそうですが青海波の文様が描かれている金継が気に入り購入したそうです。
猿投で時代も鎌倉と推定できます。うっすらと掛かっている自然釉薬がきれいですね。

3点目です。

 

李朝の白磁扁壷と水滴2点です。
白磁の扁壷はなかなかの品です 。
残念ながら口がなく補修で作っておりますがその他は良い雰囲気です。

この扁壺の製作方法をお話ししました。
水滴は時代があまり無い品ですが存在感があり飾っても楽しいですね。

4点目です。

 

九谷の盃と柘榴の香合です。
九谷の盃は吉田荘八作で題名が「田園の詩」で九谷の名工北出塔次郎の弟子で絵付けに定評がございます。
柘榴の香合は小野祥瓷でざくろの染付の絵付けがきれいですね。

ちなみに柘榴は種でが多いので子孫繁栄の象徴とされております。
両方とも実際にご使用出来楽しめますね。

5点目です。

 

薩摩の帯止です。

空女作で京薩摩焼を超絶技巧で製作している作家です。ルーペでしか確認できない作品もあります。
京薩摩は100年以上前に欧米に輸出用として製作された人気を博した品で錦光山を始め多くの窯元があり世界を魅了しました。

狐の全部を絵付けしてないところが良いですね。
もう1点は窯印もなく残念ながら鑑定不可です。

今月も私の1点は有元利夫(ありもと としお、1946年- 1985年)のエッチングです。
イタリアルネッサンス期のジョットピエロ・デラ・フランチェスカや、日本の古仏、「平家納経」などを敬愛し、それら「古典」や「様式」のもつ力強さに惹かれ、影響を受けた。生涯に制作したタブローは400点にみたない作家で38歳没です。

今月も鑑定品多数有難うございました。
来月もまた鑑定品お待ちいたしております。
当カルチャーは原則、毎月第4水曜日10時15分から11時45分にNHK町田教室で開講しております。
 
品物を持ち寄り、お互いに鑑定しあいながら骨董品の見る目を養います。
 
みなさまで楽しみながら知識を深め、趣味をより充実させ、広げるのに役立ちます。
 
鑑定品が無くても大歓迎ですのでどうぞお出かけください。いつからでもご入会できます。
受講のお申し込みは NHK文化センター 町田教室まで】

 東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8階 
TEL : 042-726-0112

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_416464.html 
 
古美術ささき 佐々木 一
| 古美術ささき | カルチャー教室 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古美術 ささき 主催 カルチャー教室  29年4月
桜も散り始めいよいよ百花の頃となりました。

先ずは有吉先生の講義です。  

伊勢物語の80、81段です。
展示は春の和歌五首 (江戸中期) 桜の頃の浮世絵10種桜の咲く
長谷寺と吉野山の絵図、明治の縮緬 (りちめん) 本
伊勢物語の81段に出てくる
塩釜 (宮城) の絵図等今月も盛り沢山です。


今月の私の講義は前回、前々回に引き続き今回で最後の江戸初期の遠州流とその周辺の茶杓です。

 


 


 


 


 


 
二代小堀宗慶 小堀権十郎 本阿弥光甫 一尾伊織 松浦鎮信の5本です。
偶然にもこの五人ほとんど生没年が似通って おります。
各々の人物説明と筒、茶杓の特徴を説明して実際に手に取り拝見していただきました。
遠州流二本は時代も同じで作が似ておりますが、後の三本はそれぞれ特徴があり違いが分かりやすく
出ております。
付属品も残らず展示しました。


来月は有吉先生宅での講義となります。

当店主催のカルチャーは1,8月を除く第二水曜日の1時15分より4時15分までです。
受講ご希望の方は当店までメール、電話にてご連絡いただければ幸いです 。

 
TEL:03-5524-3324 銀座店
              http://www.kobijutsu.ne.jp/school_culture.php
古美術ささき http://www.kobijutsu.ne.jp/
       03-5524-3324
| 古美術ささき | カルチャー教室 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年 3月 NHK 町田カルチャー教室
桜の開花宣言が出ましたが寒い日が続いております。
今日はおかげさまで鑑定品が一杯です。

1点目です。

 

青磁の花瓶と益子の花瓶です。

青磁の花瓶は現代の作です。
益子の花瓶は浜田庄司の窯で製作した花瓶です。
本人作と窯作を印により違えてあります。
この作品の印は「門」で門窯(浜田庄司の窯作)の作品と分かります。
印の違いにより価格も大きく変わります。
でも門窯でもよい作品ですね。

2点目です。
 

九谷の色絵の花瓶と金城次郎の「マカ イ」です。

九谷の花瓶は現代の作で良い出来ですが銘の判読不明です。
金城次郎は沖縄初の人間国宝です。
デパートの催事でお求めになられたとのことです。
地元の沖縄では共箱では販売しておりませんでした。
本土で個展をするようになり保証の意味も含めて共箱の注文が増えました。
良い作品ですね!

3点目です。
 

李朝の白磁の壺と高麗青磁の鉢です。

李朝の白磁は時代的に少し若いようです。
でもフォルムが良いですので飾っても花を入れてもよいですね。
高麗青磁の鉢は発掘と思われますが時代は ございます。
白黒象嵌も入っております。

4点目です。
 

沼田一雅の陶彫、蝸牛小鉢です。

陶彫のかたつむりが素晴らしい出来ですね。
セーブルで腕を磨いた結果ですね。
もう少し評価が高くなってもよい作家ですね。

5点目です。
 

染付の七寸皿です。

裏には「呉祥瑞造」と染付で書いてあります。
江戸後期の伊万里と思われます。
使いやすい大きさで呉須の色もきれいですね。

6点目です。
 

12代今右衛門作、色鍋島唐花文額皿です。

大きさも尺( 30僉砲△蠖修景ない大きさです。
箱に今右衛門のシールが貼ってあり今右衛門の関係のお店で販売された品と思われます。
飾って綺麗ですね。12代今右衛門の上手の作です。

7点目です。
 
  是真の寿老人の掛軸です。
  
  詳細に調べていないとわかりませんが悪い印象はなく
​  良いのではないかと思います。
  書、画は漆の作品と違い膨大な量が残されております。
  特に紙の作品はすぐに描けますので差し上げるにも宜しかったのでしょうね。



















今月の私の1品はコンプラ瓶です。

江戸時代東インド会社を介し長崎出島からオランダ、ポルトガルを中心に東南アジアに輸出された
醤油、酒を入れた瓶でJAPANSCH ZOYA(醤油) ・JAPANSCH ZAKY(酒)と横文字が書かれております。
容量は三合で高さは20僂曚匹任后

今回のは酒瓶でとても数の少ない品です。
江戸初期頃より明治時代まで続きほとんどが長崎波佐見で焼かれております。
飾っても花を活けても徳利としても宜しいですね。
来月もまた鑑定品お待ちいたしております。
当カルチャーは原則、毎月第4水曜日10時15分から11時45分にNHK町田教室で開講しております。
 
品物を持ち寄り、お互いに鑑定しあいながら骨董品の見る目を養います。
 
みなさまで楽しみながら知識を深め、趣味をより充実させ、広げるのに役立ちます。
 
鑑定品が無くても大歓迎ですのでどうぞお出かけください。いつからでもご入会できます。
受講のお申し込みは NHK文化センター 町田教室まで】
東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8階 
TEL : 042-726-0112

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_416464.html 
 
古美術ささき 佐々木 一

 

| 古美術ささき | カルチャー教室 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青柳
柳が美しい頃となりました。

 

 
先代家元(小堀宗通)の茶杓に「青柳」という銘の茶杓がございます。
 


 
和歌は「「うちなびき、春くる風の、色なれや、日をへて染むる、青柳の糸」

藤原定家の歌で、歌意は「春がやって来たことを告げる風の色なのだろうか。

日が経つにつれて、うちなびく青柳の糸を染めてゆく。」

柳の木を見るたびに日々色が濃くなっていく風情は春を感じさせてくれます。
| 古美術ささき | - | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古美術 ささき 主催 カルチャー教室  29年3月
寒暖の激しい日が続いております。
沈丁花が満開になりようやくコブシが咲き始めました。
春はすぐそこですね!

まずは有吉先生の講義です。
前回の続き伊勢物語78、79段です。読みと歌の解説です。
講義に引き続き恒例の展示は3月に入ったことから桜と春がテーマです。
桜を詠んだ和歌歌切れ2点、浮世絵  (桜をモチーフに使用した)  
仁和寺の桜、隅田川の夕桜、国芳
伊勢物語絵、縮緬和紙等15点ほど展示して解説していただきました。


今月の私の講義は前回に引き続き遠州流宗家の近世の茶杓です。
最初に遠州流の象牙の茶杓です。
 

小堀宗慶筒書と幕末の幕臣で上野寛永寺の代官を務めた田村尭中筒書きの2点です。
1点は遠州独特の瀟洒な杓で、もう1点は遠州が宗旦に贈った白銀の茶杓を象牙で写した形の杓です。

次に小堀宗明共筒共杓、小堀宗本共筒、蓬露箱書、小堀宗中共筒共箱
 

もう1点は備中松山城下頼久寺、遠州公お手植えの竹を以て作る 銘「頼久寺」の茶杓です。
前回に続き遠州流の茶杓の約束事と製作ポイント、筒の製作過程をお話しいたしました。
茶杓を見て歌銘ができる良い景色です。
全品並べて手に取って見ていただきました。

来会はいよいよ遠州とその周辺の茶杓です。
当店主催のカルチャーは1,8月を除く第二水曜日の1時15分より4時15分までです。
受講ご希望の方は当店までメール、電話にてご連絡いただければ幸いです 。

 
TEL:03-5524-3324 銀座店
              http://www.kobijutsu.ne.jp/school_culture.php
古美術ささき http://www.kobijutsu.ne.jp/
       03-5524-3324
| 古美術ささき | - | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年 2月 NHK 町田カルチャー教室
三寒四温の頃となりました。
沈丁花も膨らみもうすぐ芳香が漂いそうです。

今月の1点目です。
 

五代目 清水六兵衛の花瓶です。
斑釉薬が印象的ですね
共箱としおり、共布が備わっております。
揃っておりますとお客様も買いやすいですね。
付属品も大切にしてください。
六兵衛は初代と六代が貴重ですね。

2点目です。
 

大倉陶園製の花瓶、ブルーローズと真鍮製のミニチュア酒器セット、有田焼の皿です。
残念ながら有田の皿は大量生産品で、真鍮製の ミニチュア酒器セットはお土産品です。
大倉陶園製の花瓶、ブルーローズは皇室御用達で新品でお求めになられると高い品です。
戦前の古い時代の品でたまに高額で取引している品もございます。

3点目です。
 

五彩の四方壷、大明嘉靖年製銘 李朝辰砂入り小壷 染付小瓶の三点です。
残念ながら三点とも近代の写しものです。
本物なら高額の品ですが・・・
だめな理由を解説いたしました。

4点目です。
 


印材色々です。

 
古い時代の日本の水晶製の印3点、現代の水晶はほとんどがブラジル産です。
中国の 寿山石、緑石、牙の獅子の彫刻等色々と小さな竹で編んだ小箱に入っております。
蓋がまた珍しい鉄刀木(たがやさん)です。
印材で高額な石は田黄(でんおう)で小さなものでも何百万円かします。
簡単に石の説明をしました。

今月の私の1品は三十六歌仙歌合せです。
江戸中期の公家による書写で奥書で書写名も解ります。
紙は鳥の子紙です。

どこかで見せていただいた時の和本の取り扱い方もお教えいたしました。
来月もまた鑑定品お待ちいたしております。
当カルチャーは原則、毎月第4水曜日10時15分から11時45分に
NHK町田教室で開講しております。

 
品物を持ち寄り、お互いに鑑定しあいながら骨董品の見る目を養います。
みなさまで楽しみながら知識を深め、趣味をより充実させ、広げるのに役立ちます。
鑑定品が無くても大歓迎ですのでどうぞお出かけください。
いつからでもご入会できます。

 
【受講のお申し込みは NHK文化センター 町田教室まで】
東京都町田市原町田4-1-17 ミーナ町田8階 
TEL : 042-726-0112
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_416464.html 
 
古美術ささき 佐々木 一
| 古美術ささき | - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
披露山
先日逗子市小坪にある披露山庭園住宅のお客様のところにお伺いしてきました。

すぐそばの披露山公園からの景色です。
標高は約100m弱あり景色は最高です。!
寒風の中、早咲の桜が5分咲きです。
北側には江ノ島・富士山、すぐ下には逗子マリーナを 南側からは、葉山漁港や
マリーナを一望できます。

 


 


 

園内には猿園や鳥小屋があり園児たちも散策に来ております。
連日の冷え込みで噴水の水に氷が張ってます。
披露山庭園住宅は昭和40年代に造成された邸宅地で210区画あり日本屈指の高級住宅地と言われております。

帰りは下の小坪漁協でスミイカが販売されておりましたので買い求めました。
お安い価格の1ぱい500円〜600円です。
その場でさばいてもいただけますがそのまま持ち帰えり家で刺身にして頂きました。
歯切れの良い美味しい身でした。
| 古美術ささき | - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE